ラストレター

「あの人へ」手紙を書く、残す。

「ラストレター」は、いま感じていること、
足跡、想い出、話したいこと、内容も書き方も自由です。
書く人の思いがあれば、それが素晴らしい「ラストレター」になります。

手紙箱
Praying

手紙で想いを
継承する

亡きあとに大切な方に渡す
生前に記した手紙

想像してください。私たちはいつか死んでいく身です。
万が一、大切な「あの人」に、『ありがとう』『ごめんね』『出会えてよかった』と伝えられないまま急な別れが訪れたとしたら、「あの人」は、突然この世に一人置いていかれたと感じるのではないでしょうか。
生まれてきた以上、必ず迎えなくてはならないのが、別れです。その時を迎える前に、先に旅立つ人が、残された「あの人」へ手紙を残す。それが、「ラストレター」です。
「ラストレター」は、いま感じていること、足跡、想い出、話したいこと、内容も書き方も、自由です。
たくさん書くことが大切なのではなく、長くても短くてもよいのです。書く人の想いがあれば、それが素晴らしい「ラストレター」になります。手紙を書くことは、自分自身への問いかけにもなり、自分と向き合う貴重な時間になります。

ラストレター

手紙箱

「あの人」からの最後の贈り物。
「あの人」への最後の贈り物。

「あの人へ」私は何を残すことができるだろう。
「あの人」を想うこころを「手紙箱」で託す。
死と生を超えて「手紙寺」が届けます。

手紙箱
Letter box

手紙箱

残したい思いを伝える

大切な「あの人」への想いを込めて「手紙箱」を用意することは、「あの人」を想う大切な時間となります。
いつの日か「手紙箱」を開封する時、いつもあなたから応援されていることに「あの人」は気づくはずです。
あなたの「手紙箱」は「あの人」の人生に寄り添い、生きる道標になるでしょう。

手紙箱の流れ
手紙箱の流れ

書いていただいた手紙(ラストレター)は、この「手紙箱」に収められます。
あなただけの「手紙箱」は、封印をした上、他のお預かりものと一緒に、手紙寺が、厳重に保管します。
お預かりした「手紙箱」は、ご本人が亡くなられた後、受取人様へ、手紙寺から「手紙寺郵便」として、お渡しします。

手紙箱
時空を超えて
代表理事の手紙ストーリー

代表理事の手紙ストーリー

私は父が亡くなった後、私と寄り添ってくれた大切な人と別れた後、よく手紙を書きました。しかし手紙を書くための場所としてしっくりくる場所がなかなかありませんでした。

ラストレター

ラストレター/手紙箱

生まれてきた以上、必ず迎えなくてはならないのが、別れです。その時を迎える前に、先に旅立つ人が、残された「あの人」へ手紙を残す。それが、「ラストレター」です。

手紙処

手紙処

生きることに不安なとき、一歩を踏み出したいとき、手紙寺」には大切な「あの人」へゆっくりと向き合い、手紙を書く場所として「手紙処」があります。

おしらせ

2019.04.03(水)

NHK総合 『首都圏情報 ネタドリ!』で手紙参りが紹介されます

NHK総合 『首都圏情報 ネタドリ!』放送のお知らせ 4月5日(金)、 『首都圏情報 ネタドリ!』 「変わる弔い~首都圏 葬祭 最新事情~」というテーマにて手紙参りが紹介されます。 番組では手紙寺證大寺の「手紙参り」につ […]

2019.02.15(金)

NHKサイト番組紹介と再放送のお知らせ

先日、「NHKおはよう日本」で手紙参りが紹介されました。 その様子がNHK番組サイトで公開されています。 また、その再放送が決まりましたので、ぜひご覧ください。 2月15日(金)「NHK首都圏ネットワーク」(18:10~ […]

2019.02.14(木)

「NHKおはよう日本」で手紙参りが紹介されました

「NHKおはよう日本」で手紙参りが紹介されました。 番組では午前7時45分から5分間に渡り、手紙寺證大寺の「手紙参り」について特集していただきました。 なぜ手紙寺證大寺が、「手紙参り」を大切にしているのか、さらには実際に […]

2019.02.13(水)

手紙寺 代表による「手紙参りカフェ」開催します!

手紙寺 代表の井上城治が講師となり、2月14日に放映されたNHK「おはよう日本」では伝えきれなかった想いや、「手紙参り」の仕組み、「ラストレター/手紙箱」について解説いたします。   最後に、実際に参加者にて「手紙参り」 […]