手紙処とは

手紙処GINZA

「手紙処GINZA」は手紙を書く場所としてだけでなく、手紙や仏教関係の書籍などを蔵書しており、銀座にある大人の書斎としても利用されています。
また、都内に通勤、お住まいの方が、日々の生活の中でお参りを大切にする生活を送るための場として、ご本尊が安置され、朝昼夕の毎日3回、お経と法話の会が開催されています。ここには手のひらに収まる手元供養の碑があり、ご遺骨の一部を収蔵することもできます。

手紙処 ※船橋昭和浄苑内

手紙をより身近に感じていただくために、船橋昭和浄苑に休憩ラウンジ「手紙処」を開設しました。
「手紙処」には、手紙を書くためのスペースを設けています。
そこには手紙を書くための環境として便箋、封筒、筆記用具などが用意されています。
自分と向き合い、そして残された家族、親戚、友人に手紙を書く。
さまざまな想い出、感情が書く人の中を巡るでしょう。
静かな場所でリラックス、楽しみながら書くことが理想です。
また「手紙処」は、霊苑にお参りくださった方々の
休憩ラウンジとしてもご利用いただけます。
暖炉を眺めながら、あたたかなお茶、コーヒーなど召し上がり、一息ついていただくスペースとしてもご活用ください。

手紙標(てがみしるべ)

「手紙処」に向かう参道には作家、芸術家など著名人が家族、知人と実際に交わした手紙文が記された「手紙標」が設置されています。
手紙を読みながら「手紙処」に向かい、故人への想いを高める道標、サインデザインです。

ロゴ お問い合わせ