江戸川本坊

仏教に学び
よりよく生きる

證大寺しょうだいじは、八三五年(承和二年)に、飢饉や疫病により亡くなっていく人々を
看取るために建立された最古の施設「続命院ぞくみょういん」が発祥の由来です。
(『続日本後紀』・「豊前遠鏡」)
戦乱期を経て一六一六年(元和二年)に学海上人によって
浄土真宗(真宗大谷派)の寺院として再興。
第十九世住職の首都圏開教にともない、寺基を現在の地に移し
続命院ぞくみょういん」より御本尊の阿弥陀如来あみだにょらい、そして薬師如来やくしにょらい観世音菩薩かんぜおんぼさつをお迎えしました。
證大寺では仏教講座の他、毎朝・毎夕、お経と法話の会を開催しています。
仏教をベースにしたオープンな文化活動(仏教講座、ヨガ、子供向けイベント等)を
開催しており、契約を縁に多彩な仏教文化に触れる機会も得られます。

證大寺 江戸川本坊
證大寺 江戸川本坊の霊園
手紙寺證大寺の歴史

手紙寺證大寺の歴史

手紙寺證大寺しょうだいじの正式名称は、法輪山ほうりんざん 證大寺しょうだいじ 続命院ぞくみょういんです。
手紙寺證大寺しょうだいじの発祥は、承和二年(西暦835年)、大宰府に赴任した参議刑部卿さんぎぎょうぶきょう 小野岑守おののみねもりが飢饉や疫病により、多くの方が手当ても受けられずに路傍で亡くなっていくのを悲しみ、最期を人間らしく看取るための場所として「続命院ぞくみょういん」と名付けた坊舎を建立したことに由来します。(『続日本後紀』巻第四・『豊前遠鏡』)

證大寺 江戸川本坊の僧侶

続命院ぞくみょういんにはご本尊として阿弥陀如来あみだにょらい、病が癒されることを念じて
薬師如来やくしにょらい、慈悲の願いを伝える観世音菩薩かんぜおんぼさつが安置され、遠近より参詣が絶えませんでした。

證大寺 江戸川本坊 鐘を打つ僧侶

その後、戦乱時代の混乱を経て、元和二年(西暦1616年)、中興の祖である釋学海によって浄土真宗(真宗大谷派)の寺院として再興されました。時代がくだり、昭和五十二年に当院 第十九世住職(遊戯院ゆげいん釋雅嗣しゃくまさつぐ)の首都圏開教にともない、九州続命院ぞくみょういんの地から寺基を現在の東京江戸川の地に移し、ご本尊である阿弥陀如来あみだにょらい薬師如来やくしにょらい観世音菩薩かんぜおんぼさつをこの地にお迎えしました。

永代供養墓浄縁墓

永代供養墓
浄縁墓

私たちは単にお墓を販売するだけではなく、
浄縁墓を用意すると決めた方が安心して生きていけるよう、支援いたします。

01

毎朝・毎月・毎年の供養を欠かしません

本堂で毎朝「お経と法話の会」があり、僧侶と職員が勤行しています。ご命日のある月には「毎月法要」、年に一度、桜の季節には浄縁墓に入られたすべての方を対象に「毎年法要」もございます。
ご家族はこれらすべての法要に自由にご参加いただけます。
お寺がお護りするお墓として何よりもお参りを大切にしています。

02

維持管理費は一切無料

浄縁墓では入会の際にお支払いいただく費用以外に、今後一切の費用は掛かりません。ご遺族に金銭的な負担を掛けることはございませんのでご安心ください。
浄縁墓では期限を区切ることなく永代にわたってご供養いたしますのでご安心ください。

03

個別に埋葬・個別に本堂で供養

ご遺骨は墓碑の真下に埋葬されます。
一つ一つのご遺骨を専用の袋にお入れし、専任の職員が静かに土の上にご安置いたします。
ご遺骨は墓碑の真下に埋葬されます。

04

浄縁墓の参加者のための交流の会
「浄縁の集い」毎月開催しています。

浄縁墓に契約されている方がともに仏教の話を聴き、語り合い、親睦を深める会です。お互いに同じお墓に入る縁で結ばれていますので、遠慮せずにいろいろなお話ができます。自身も「浄縁墓」に入る現在の住職が仏教のお話をしています。「浄縁墓」のご縁が、これからの人生をより安心にお過ごしいただくための縁となることを願っております。

05

手紙箱を贈呈

手紙箱を贈呈お墓の契約にあたり、大切な「あの人」に宛てたお手紙を手紙箱に収めて手紙寺がお預かり致します。いつの日か人生を終えて旅立ったときに、手紙寺が「あの人」へ手紙箱をお渡しいたします。あなたから届いた手紙箱は「あの人」がこれからを生きていく力となるでしょう。「あの人」がお参りにきたときには、苑内に設置されている安堵ポストへ「あなた」への返事を投函することができます。投函されたお手紙は、定期的に手紙寺がお焚き上げ致します。

06

都内にお住まい・お勤めの方へ

都内でお住まい・お勤めの方が、もっと気軽にお参りできる場所が銀座にできました。「手紙寺 銀座」では、手紙寺 證大寺の僧侶が毎日3回、お経と法話の会を開いています。

もっと手紙寺のお墓にお参りしたいけれど、手紙寺が少し遠いと感じる方のために、手紙寺の日頃のお参りの場として、銀座に手紙寺ができました。手紙寺の僧侶が、手紙寺にお墓のある都内にお住いの皆様のために、朝昼晩の一日3回「お経と法話の会」を開催しております。仏教入門書も多数置かれ、カフェラウンジとしても利用できます。手紙寺のお墓を契約された方は、無料でいつでもご利用いただくことができます。

住所 〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目11−7
電話 03-5879-4501
開館時間 9:00〜17:00

資料請求・見学のご予約はお電話にて承ります。

03-3653-4499

受付 08:30〜17:30