手紙寺 郵便カード

「生」と「死」を超えて、
「あの人へ」。

施設や病院におられて「お葬式」や「ご法事」に参列できない方。
仕事や旅行などで、ご命日、お盆、お彼岸などにお参りできない方。
「手紙寺郵便セット」で「あの人」へのお手紙を書いてみませんか。
お手紙を通して「あの人」に向き合うことで、
どこにいても「手紙参り」ができます。
届いたお手紙は、手紙寺證大寺にてお焚き上げいたします。

手紙箱と手紙

あなたも手紙でおまいりしませんか

手紙を通してあの人との日々を思い出し、自分を省みる。
普段は忙しくて忘れているささいな喜びに気づけるようになるはずです。

手紙への想い

手紙への想い

私は父が亡くなった後、私と寄り添ってくれた大切な人と別れた後、よく手紙を書きました。しかし手紙を書くための場所としてしっくりくる場所がなかなかありませんでした。

ラストレター

ラストレター

生まれてきた以上、必ず迎えなくてはならないのが、別れです。その時を迎える前に、先に旅立つ人が、残された「あの人」へ手紙を残す。それが、「ラストレター」です。

手紙箱

手紙箱

「あの人」からの最後の贈り物。「あの人」への最後の贈り物。手紙箱は、大切な「あの人」へ託す、あなたの想いがカタチになったものです。この手紙箱には、ラストレターや写真、想い出の品を収めることができます。

手紙寺郵便カード

手紙寺郵便カード

お墓まいりやご法事の際、仏教の言葉が記された「手紙供養カード」に想いを記し、手紙寺の「手紙寺郵便ポスト」に投函する手紙供養を行うことができます。

手紙寺郵便ポスト

手紙寺郵便ポスト

「あの人」と私を結ぶ。あなたが「あの人へ」向けて記した祈りの手紙は、手紙寺郵便ポストを通して、亡き人と私たちを時空を超えて繋いでくれるはずです。

手紙処

手紙処

生きることに不安なとき、一歩を踏み出したいとき、手紙寺」には大切な「あの人」へゆっくりと向き合い、手紙を書く場所として「手紙処」があります。

おしらせ

2018.12.17(月)

【注意喚起】證大寺を騙る迷惑メールについて

先日、證大寺の名を用い、不正なURLへのアクセスを促す迷惑メールが送付される事例が確認されました。 迷惑メールに記載されているアドレスにアクセスされますと、意図しないサイトへアクセスしてしまう可能性がありますので、 怪し […]

2018.12.01(土)

12月の法話

「如来よりたまわりたる信心」『歎異抄』 仏さまの教えを聞いてまいりますと、仏教の心がよくわかってくるどころか、いかに普段の私のものの考え方、見方が間違っているかが知らされてきます。「信心」ということが、仏さまの教えをよく […]

2018.11.01(木)

11月の法話

「人生は、長い目で、今この時を生きることだよ」 平成三十年九月十五日、女優の樹木希林さんがお亡くなりになりました。七十五歳とお聞きして随分お若いなと感じたことでした。私がブラウン管を通して希林さんの登場するドラマ『寺内貫 […]

2018.10.01(月)

10月の法話

これからがこれまでを決める 藤代聰麿 私がこの言葉に出遇ったのは、京都の本山・東本願寺の東側、烏丸通に面したお堀沿いの芝生に掲示されてあった法語でした。 この言葉に出遇うまで私は「これまでがこれからを決める」のだと思って […]